犬もなる目の病気|有名なキウォフハートでフィラリア予防を徹底していこう

有名なキウォフハートでフィラリア予防を徹底していこう

犬もなる目の病気

カプセルと錠剤

目の病気を代表するものといえば、当然白内障が思い浮かぶところだと思います。
白内障は人間だけではなくもちろん犬も発症してしまうので、飼い主の人は常に愛犬の目をみてあげてください。
白内障は重度になると完全に失明まで行ってしまうのでこれも注意が必要です。
ではそんな白内障の原因からまずはみていきましょう。

白内障がおこる理由というのは水晶体が酸化することによって白く濁りはじめてしまいます。
酸化する理由には色々ありますが、根元をたどると抗酸化物質の不足が考えられるでしょう。
人間も犬も同様に年を取り始めると一部の人は抗酸化物質が不足してしまい、目の水晶体が酸化するようになります。
最近では犬もよく長生きするようになったので、白内障もけして他人事ではなくなった病気だといえるでしょう。

また白内障は他にも外傷だったり代謝性疾患といった病によっても水晶体に影響を与えてしまいます。
ではそんな白内障はどうすれば解消することができるのか?まず基本的には内科的治療や外科的治療を受けるのがおすすめです。
視力がまだあるなら内科的治療としてシーナックを使うことで大幅に改善できるかもしれません。
シーナックは今通販サイトでも大変人気で、投与し続けることで確実に白内障の進行を抑えることができます。
そしてシーナックによって完全に治すことも場合によっては叶うでしょう。
もしすでに白内障が重度になってしまっているのであれば、外科的治療をおこなう必要があります。
ただし治療費は手術料や入院費用など色々考慮して最低でも35万円くらいは必要なので気をつけてほしいと思います。